過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは

「血液検査」「検便」「エックス線検査」「内視鏡」などのさまざまな検査を行っても異常がなく、しかし腹痛や腹部の不快感があり、下痢や便秘を繰り返す病気です。 過敏性腸症候群になる原因はまだ、よくわかっていませんが、ストレスが大きく関係しているようです。 日本で過敏性腸症候群の人は、普通に日常生活が送れ、医療機関を受診していない人も含めると、日本人のおよそ10?20%が、過敏性腸症候群の診断基準に該...

過敏性腸症候群の診断

過敏性腸症候群に当てはまるような自覚症状があるときは、消化器内科などを受診します。 過敏性腸症候群の診断の基本は、「Rome?診断基準」に基づいて診断します。 「Rome?診断基準」・・・お腹の痛みや不快感が最近3ヵ月以内に1ヵ月で3日以上あり、さらに「排便によって症状が治まる」「排便の頻度が変わった」「便の性状が変わった」の3つの項目のうち2つ以上の項目に当てはまります。 というような項目...

生活習慣改善と食事療法

過敏性腸症候群は、原因が解明されていないため根治することは難しいです。 しかし、症状を起こしにくくすることは可能です。 症状を改善して、病気とうまくつきあっていくことが大切です。 そのため、治療は症状を改善させることが目標になります。 症状を改善するために行うことは、「生活習慣の改善」と「食事療法」です。 <生活習慣の改善> 次のような生活を送るように心がけます。 食事・・・1日3食し...

薬物療法と心理療法

生活習慣を改善して、食事療法を行っても症状に改善が見られないときは、薬物療法を併用します。 まず、「消化管運動調整薬」や「腸内細菌調整薬」を使用して、お腹を調整します。 便秘の人や混合の人には、症状によって「下剤」を使用することもあります。 また、ストレスの影響が大きい場合は、「抗不安薬」「抗うつ薬」を使用します。 それでも、症状の改善が見られないときは、心理内科などで行う「心理療法(カウ...

サイトMENU

Copyright (C) 過敏性腸症候群とは. All Rights Reserved.