過敏性腸症候群とは TOP > 過敏性腸症候群とは >  過敏性腸症候群の診断

過敏性腸症候群の診断

過敏性腸症候群に当てはまるような自覚症状があるときは、消化器内科などを受診します。
過敏性腸症候群の診断の基本は、「Rome?診断基準」に基づいて診断します。
「Rome?診断基準」・・・お腹の痛みや不快感が最近3ヵ月以内に1ヵ月で3日以上あり、さらに「排便によって症状が治まる」「排便の頻度が変わった」「便の性状が変わった」の3つの項目のうち2つ以上の項目に当てはまります。
というような項目が入った問診と検査で過敏性腸症候群の診断をします。

ただし、下痢や便秘は、朝食を食べないなどの生活習慣や重大な病気から起こることが多い症状です。
そのため、医療機関では診断基準と次のような項目を加えて、確認していきます。
1.発熱や全身に倦怠感がありますか。
2.この半年間に著しく体重が減少しましたか。

そして、検査を行います。
行われる検査は、血が混ざっているかどうか調べるための「便潜血反応検査」と「血液検査」です。
血液検査で、貧血や炎症がないかを調べます。
このような問診と検査で異常が見つかった場合は、「大腸がん」「潰瘍性大腸炎」「甲状腺やすい臓の病気」などの疑いがあります。
そのため、さらに詳しい検査が必要です。
「Rome?診断基準」に当てはまって、問診や検査の結果で異常が見られない場合は、過敏性腸症候群と診断されます。

サイトMENU

Copyright (C) 過敏性腸症候群とは. All Rights Reserved.