過敏性腸症候群とは TOP > 過敏性腸症候群とは >  過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは

「血液検査」「検便」「エックス線検査」「内視鏡」などのさまざまな検査を行っても異常がなく、しかし腹痛や腹部の不快感があり、下痢や便秘を繰り返す病気です。
過敏性腸症候群になる原因はまだ、よくわかっていませんが、ストレスが大きく関係しているようです。
日本で過敏性腸症候群の人は、普通に日常生活が送れ、医療機関を受診していない人も含めると、日本人のおよそ10?20%が、過敏性腸症候群の診断基準に該当するとされています。
特に、20歳?40歳代に多い病気です。

ストレスによって、自律神経が乱れると、脳への伝達などにも影響が出ます。
そのため、腸の働きもうまくいかなくなり、腸が敏感な状態になります。
腸の運動がうまくいかずに、腹痛や下痢などのさまざまな症状が現れるようになり、さらにストレスを感じ、また症状が起こるという悪循環に陥ります。
そのため、症状が繰り返し起きてしまうとされています。

そして、過敏性腸症候群の現れるさまざまな症状を3つのタイプに分けられます。
下痢型・・・主に下痢が起こり、男性に多く見られます。
便秘型・・・主に便秘が起こり、女性に多く見られます。
混合型・・・下痢と便秘が交互に起こります。
症状を改善するにあたっては、このタイプによって食事や生活習慣の改善する内容が違います。
まずは、自分がどのタイプが見極めることが大切です。

サイトMENU

Copyright (C) 過敏性腸症候群とは. All Rights Reserved.